読み聞かせ と 心に残った本

こんばんは。

今日は、クーたんの話ではありません〜😌


読み聞かせで探した本の忘備録です。
なので、適当にスルーして下さいね!

1学期は、書き損ねたわ。本の写真だけ撮ってたのに……。

私は、お姉ちゃんの学校の朝読書時間に、隔週水曜日、
読み聞かせに行ってます。
1年の時からだから、6年目。
人前に出るのが、精神的にちょっとダメになっていた時期。
読み聞かせの時間は、先生は職員会議でいないし、
一人っ子の娘が心配なこともあり、
思いっきりって、ボランティアに参加。
1年生の前なら、大丈夫かな?と。
段々と、楽しくなり、子どもたちも私のことを
覚えてくれて、道で出会ったとき、
「いつも読み聞かせ、ありがとうございます」
なんて、嬉しいこと、言ってくれる子もいました。

クラスは、4クラス。あと特別支援学級もあります。
娘の学年に行くのがほとんど。
1冊選べば、4クラス同じのを読むので、
(ウケが悪いと、変えたりします。(^◇^;))
卒業までのことを、考えると、あと1クラスに2回かな?
そう思うと、選書にも、気合が入ります。

「6年生にオススメ」とかで、検索すると、それなりに
あるのですが、他のお母さんたちも考えること同じで、
ダブることも。
で、そうだ!とブログ村のカテゴリ「読み聞かせ」で、
色々調べました。なかなか本の紹介のブログも面白いですね。
違った世界、新鮮です。

前置き長し!(^人^)
今回、図書館で借りたのは、
201510292039475c8.jpg
(最近、コンデジで撮るとどうも鮮明に撮れない…😓)

読まなかったけど、ちょっと面白い絵をご紹介。
「おいぬさま」
20151029203949c01.jpg

笑えるよね。😄

もし、時間が少し余ったとき用に、
ほとんど文字がない、絵で楽しむ
「かようびのよる」

20151029203949285.jpg

20151029203949afd.jpg

そして、読んだのは、
「ワンスアホなタイム」の中の、「魔法のパンの実」
20151029203952938.jpg

むかしむかしあるところに…
のお話、短編が、幾つか入ってます。
どれも、ただ面白いのではなく、何かしら、教訓ほどでは
ないけど、生きる上で大切なことが、含まれている感じ。

読み聞かせの時間には、収まらないので、途中抜粋し、
読みました。

あらすじは、
若い王女が、国の人々の暮らしを見たり聞いたりするため、
こっそり忍びで町へ出ます。
みんな、清く真面目に生きていると思っていたのに、
人の悪口を言ってる人々を見て、ショックを受け、
決して、悪口を言ってはいけない、という命令を下しました。
悪口は悪口を呼ぶ。民の心が荒れ果ててしまう。と思ったからです。
悪口は、世の中から、無くなったけれど、病気になる人が
増えていったのです。
王女が困り果てているところへ、ある行商人がきました。
魔法のパン実を、持っていました。
これを、民にひとつずつ与え、鉢に入れて、水やりを
毎夕すれば、パンがなる木に育つと。
ただし、必ず、水やり、パンを食べるときはひとりのときにすること。
人に見られてはいけない!とのことでした。
そして、そのパンの実を行商人からもらい、民に配り、
みんな言われた通りに育てました。
不思議なことに、そのパンの実を育てると、みんな元気になっていきました。
本当に美味しそうなパンがなり、みんな一斉にパンをもぎったら、
その実から、自分が水やりをしながらつぶやいた、
愚痴など悪態の言葉が出てきて、シュッと潰れたのでした。


話の中で、「水清ければ、魚すまず」

という、言葉が出てきます。

3、4年の頃までは、悪口はいけないよ!のお話がいいのでしょうが、
高学年になってくると、なんとなくわかるかな?
娘には、感想は聞かないようにしてるの。
自分で言ってくるときは、聞くけどね。

綺麗ごとを言うだけでは、生きていけないってこともある。
矛盾してることもあるから、こうだよって言い切れないね。
何かに、心折れることもあっても、どこかではけ口を持つことも
必要ってことかな。

それは、大人的解釈かな?

他のお話も、奥が深いです。


こちらは、読み聞かせではないけれど、

先週金曜日の朝のNHK TV。
私は見ないのだけど、仕事先で、NHKのテレビを
つけっぱなしにされているお宅があり、
耳を傾けてたのですが、
書評対決というのをやっていて、
中で、気になった本を図書館で、借りてきました。

まどみちおさんの、「うちゅうの目」
写真とともに、詩があります。

201510292039253ef.jpg

2015102920392326a.jpg
20151029203922055.jpg

201510292039213c4.jpg

全部で16の詩。
生きてることの感謝、いずれ死を迎えることも怖くない。
そんなことを教えてくれる、まどさんの詩です。
忙しい毎日、ちょっと立ち止まって詩を読むのもいいですね。

(忙しい=心を亡くす、だから…)

どれもこれも、図書館で借りたから、
回すことはできませんが、((>人<;))写真とともに詩を読むのもいいですよ。
皆さんも図書館で、借りて読んでね。😅



それと、話が長くなるついでに、
6年生の国語の本。
そういえば、ちゃんと読んでなかったと、
教科書を読んでみました。
付録に、オードリーヘプバーンのことが。
後生のユニセフでの活動をされていたのは、知っていたけど、
生い立ちや、献身的にどう恵まれない子供たちのために
活動していたかは、知らなかったです。
20151029203919f1e.jpg

6年生の教科書に出てることで、知らないことがある。
私も、一緒に勉強しなくちゃ!と思いましたよ。


長々と、最後までお付き合いありがとうございました。


オマケに、今日のクーたん。
20151029203842176.jpg

駅前に、不二家があるんだけど、
七五三と、ハロウィンのペコちゃんでした。( ̄▽ ̄)
ハロウィンのペコちゃん、足は、4本?? どうなってるん??

人通りで、写真撮ってるの恥ずかしいから、
ササッと撮りました。😅

ではでは、(*´∇`)ノ マタネ〜♪
スポンサーサイト
テーマ: わんことの生活 | ジャンル: ペット

コメント

No title

そうそう
忙しい忙しいと口にしないほうがいいの
こころがなくなっちゃうから
と…暗号のように言っちゃう
忙しいときは(笑)
最近本を読む時間がなくて
読むとしたら病院に行っているときくらい
それじゃ心豊かにならないよね

2015/10/29 (Thu) 23:30 | きり #- | URL | 編集
No title

おはっ
実は私もねーたんが小学生の頃、
家庭科のボラで学校に行っていたことがあったの。
家庭科の授業をうけもって、
皆で裁縫したり、
楽しかったなぁ~
読み聞かせは大事な事だものね。
きっと優しいクーたんママンの声と気持ちは、
生徒さんの心にいつまでも残っているんだと、
私は思うよ。
本屋さんに行くと、クーたんママンがついつい立ち止まってしまいそうな絵本がいっぱいあって、
それを見るたびに、
クーたんママンを思い出すよ(笑)

2015/10/30 (Fri) 05:27 | 空天まま #- | URL | 編集
心の持ち方次第

おはようー
ご飯を食べる時間、夜眠れる時間があるのなら、忙しいは当てはまらにと思ってるの
優先順位をつけて片付けていけば大丈夫、そう自分に言い聞かせる
でも回りの男の人、やる事が2つになっただけで、忙しいふりをする
それを見ると無性に腹がたつ・・・はあい、愚痴を吐き出しました(笑)
そうね、人間だから口に出さなくても心では色々思う事あるよね
でも回りの事に流されずに、自分を持って、心に正直に向き合う
その中で、他言は出来ない事はケシゴムで消していくね
でもいつか、何でも話あいたいね
ハロウインのペコちゃん、座ってる子を抱えてるコスプレなのかな(^^)/

2015/10/30 (Fri) 07:28 | よたろうママ #U7DcaKZc | URL | 編集
おはよーございます

忙しい
確かに…
でも商売の世界では忙しい=儲かるで忙しいを羨ましいとも…
複雑だわ

最近読んだ本で特に面白かったのは漱石の心でした
今は明日の親子(次男と)でやる人形劇の台本ばかり読んでます
自分で書いた台本なのに覚えられないお年頃

2015/10/30 (Fri) 07:36 | トラッチママ #- | URL | 編集
No title

まどさんの詩や考え方、私も好きなんだ。
あの年齢にならないと書けないのかな、と思ったこともあるけど
そうではなくて、まどさんは若い時からそういうタイプだったのかも。
何かすごく大きく物事を見ていて、でも繊細で、いいよね。

パンの実の話は、王様の耳はロバの耳だね。
ユキタロ、生息域が泥なので、水が清すぎると生きていけません(笑)

2015/10/30 (Fri) 08:03 | 雪太郎 #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/31 (Sat) 16:46 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/31 (Sat) 18:27 | # | | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/10/31 (Sat) 20:42 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する