クーたんのお母さんを想う。

こんばんは。

今日、こちらは寒い雨でした。11月中旬くらいとのこと。
いつもなら、まだ残暑厳しいくらいなのに。
お彼岸前に、こんなに寒くなるなんてね。

今日の内容の記事は、書かないでおこうと思ってたけど、
やっぱり、私にとっては一大事だったから、記録しておきます。

来月、5歳になるクーたん。

5年前の今頃、犬を飼いたいねと家族で話が出ていたけど、
飼うなら、どんな犬種がいいか、あれこれ考えたり 人に聞いたり、
で、ヨーキーがいいねって言うことにはなっていたけど、
具体的にいつ頃とは考えていませんでした。
私が、当時、自信がなかった。
パパが、飼うならブリーダーさんからがいいとのことで、
勝手にネット検索していたみたいで、ある日、出かけたときに、
「今から、子犬を見に行こう!」と。
「えっ!見ちゃったら、もう絶対飼うことになるから!そんな!」
と思ったけど、もう娘が乗り気で、見に行くことに。

写真が、前の携帯に入っていて、PCに落とすのが面倒で、
画面を写真撮ったから、画像が粗いですが…
2015091721004713d.jpg

まだ、生後1ヶ月ちょっとです。

もちろん、その時は、見ただけ。

そのとき、クーたんのお父さんとお母さんも見せてもらったんですよ。
お父さんが3歳。お母さんが1歳とのこと。

私、無知だから、1歳で子どもが産めるなんてびっくり!
聞いたら、初産だって。だからひとりっ子だって。
他の子がいて、生きていたのがひとりじゃなくて、
ほんとに、ひとりっ子。
犬って、たくさん産むもの思っていたけど、そうなんだあと納得。

結局、もう 娘が自分と同じひとりっ子だから、って。
家族にすることに、決めました。
年が開けてから、迎えに行きました。

そして、後日、血統書が送られてきました。

それを見て、私は、言葉を失いました。



クーたんのお母さんのお誕生日。

2009年11月25日

クーたんの誕生日は、2010年10月31日

もう一つ、言ってしまうと、
クーたんのおじいちゃんが、同一でした。
クーたんのお父さんとお母さんは、異母兄妹ということ。
(このことも、かなりショックでしたが、今回はおいといて)

血統書の名義変更はしませんでした。
なんの意味もないし、必要ないから。
血統書は、生後9ヶ月以下の交配は、発行しないと書かれています。
ギリギリやし! 半分近親繁殖だし!!

クーたんのお母さん、
初ヒート後から、もう繁殖犬として仕事をさせられていた。
まだ、1歳の誕生日の前に、出産したなんて。
考えられますか??
そんなもんなんですか?
可哀想で可哀想で…
ずっと心の隅にクーたんのお母さんのことがありました。

そろそろ、繁殖犬としての仕事は、終わる頃かなと思っていました。

最近、お友だちになっていただいた、doll49002004さん、ちの
ワンちゃんのクッキーちゃんは、来夢くんのお母さん。
たくさん子どもを産んで、その役目を終えた来夢くんのお母さんを、
家族に迎えたとのこと。
それを知って、私はますます、クーたんのお母さんへの想いが膨らみ、
ブリーダーのHPを見たりしていていました。
そして、先日 ブログも書いてるのをみつけ、
過去記事を、読んでいると、
7月に、里親募集の記事が!!
2009年生まれのヨーキー。
私は、もう釘付けです。
画面から、目を離せなくなった。
穴のあくほどみて、パパに相談。
で、パパが翌日電話してくれました。
結果は……


もう、里親が決まって、引き取られたとのことでした………。

その子がほんとに、クーたんのお母さんかは、わかりません。

でも、なんて言っていいのか、複雑な気持ち。

今、多頭飼いは難しい。クーたんの性格もあるし、
上手くいくかわからない。
お母さんだといっても仲良くできるかどうか……。
でも、クーたんのお母さんへの想いは深く、
ほんとに抱きしめてあげたかった。
まだ、いたとしたら、家族に迎えるつもりでした。

引き取った人はちゃんとした里親さんかしら?…考えてもしょうがないよね。
今、幸せに過ごしていることを願うばかりです…。

クーたんのお母さんだけでない、
繁殖犬としての運命を背負わされたワンコたち。
どうか、みんな、クッキーちゃんのように、幸せな家庭に迎えられますように。

クーたんには、クーたんお姉ちゃんがいるから。
201509172104143f3.jpg

朝寝坊な、ひとりと1ワン。

最後まで読んでくれてありがとうございました。
誰かに、聞いて欲しかった😅

ありがとうm(_ _)m


dollさんリンク貼らせてもらいました。
事後報告すいません。

スポンサーサイト
テーマ: わんことの生活 | ジャンル: ペット

コメント

No title

ちょこらはこちらの
サロンが繁殖もしていて
そこから迎えたの
だからおやつ階に行ったり
最初はそこでトリミングをしていたので
行ったときにちょこらのお母さんと
お父さんが里親募集が出ていて
そんな小さいときから繁殖犬としては
してなかったけど
気になって。。。
でもずっと働いていてどうしようかと悩んでいるうちに
里親さんがすぐ決まりました
どこかで幸せになっていると思います
クーたんのお母さんも幸せに暮らしていますように

2015/09/17 (Thu) 22:51 | きり #- | URL | 編集
おはよーございます

最初の仔ポッチは
お店なんだけど、そこがブリーダーさんのお店で
メチャ近親繁殖でした
チャンピオン犬同士で狭い中で何度も交配させてました
その時の感想は驚きと共にチャンピオン犬の運命を感じました
で、近親繁殖のせいかメチャ弱い子で最期はガンで10歳のお誕生月に無くなりました
栄光を浴びるチャンピオン犬
でも栄光の後は優秀な子孫を残さなければいけない運命なんだな
って感じました


クーたんのお母さんも幸せに暮らしていると良いですね

2015/09/18 (Fri) 07:43 | トラッチママ #- | URL | 編集
No title

そのブリーダーさんが特別悪徳でもなさそうなのがね・・・
きっとクーたんのお母さんみたいなことは、よくあることなのだろうなぁ。

犬ってさ、使役犬にしろ愛玩犬にしろ、ニンゲンの好きなように掛けあわされて、
姿かたちを変えて、仕事をさせられたりするわけだけど、
それってね、イヌという動物の勝利ともいえるらしいよ。
イヌという種族ほど、ニンゲンを上手く使って栄えている動物は他に居ないんだって。
なるほどなぁと思う反面、一匹一匹の犬を見ると、可哀想に思うこともあるね。
でもきっと、ニンゲンも同じ。
ニンゲンという種族は地球上でもっとも上手く繁栄した動物だと思うけど、
一人ひとりを見れば、不運だったりすることもあるものね。

なんかナニが言いたいのかよくわかんなくなっちゃった。ごめん。
クーたんのお母さんが、今、幸せに暮らしていてくれるといいね。

2015/09/18 (Fri) 08:49 | 雪太郎 #- | URL | 編集
難しい問題だね

こんにちは
繁殖犬・・・その言葉の響きは悲しいものがあるけれど
もしも自然に雌雄を飼っていたら初ヒートで赤ちゃんを産むワンちゃんもいるのかもしれないかなと思うの
その期限が決められていて、一応守られていたのなら仕方無いのかも
人間って分からないもの
良い人だと思っても、その運命や状況に寄って良くも悪くも変わってしまうものかもしれないよね
里親に出されるワンちゃんだけでなく、すべてのペット達を利益の道具として考える商売が成り立つのは止めて欲しいと切に願うよ
どこかの国の様にペットを飼う資格が与えられるには、いろんな勉強や講習を受け、それに合格してこそ家族に迎えいれられる制度に日本もなったらいいなあと思います
里親しようと思ってくれる人は良い人だと思うし、そう願いたいな
クーたんのお母さんもお父さんも、みんな幸せに穏やかに暮らしています様に(祈)

2015/09/18 (Fri) 10:14 | よたろうママ #U7DcaKZc | URL | 編集
No title

そういうことがあったのね。
クーたんママさんのご家族ってママさんと同じようにみなさん優しいのね。
クーたんの母犬さん、きっと幸せな余生を過ごせるわよ。
繁殖犬引き取ろうって思われる方なんだもの。
いつか、会えるといいね。
この記事を通じて見てくださるかもしれないしね。

2015/09/18 (Fri) 11:03 | maririnhaha #- | URL | 編集
No title

こんにちは〜。
昨夜ママさんの記事を読んできちんと考えてからコメしようと思い一旦閉じましたが結局考えはまとまらず…。
きっとどこのブリーダーもそうなんでしょうね。
極小を売りにしているブリーダーなんかきっともっと酷いんだろうなぁ。
…なんて、実はヒコを迎えたブリーダーは極小ヨーキーを作るのが上手で有名なんです。
実際、お友達の所には7頭ヨーキーがいるのですがうち4頭はこのブリーダーさんから来た極小ヨーキーです。
で、あまりの規格外が産まれてしまったからうちにどうか?とこのお友達から紹介されました。
きっとお店にも出せなかったんじゃないかな?(これは想像ですが)
多分、そう言うこだわりがあるブリーダーならきっと近親相姦なんて異常でも何でもなく日常茶飯事で起きてる事なんだと思います。
それに小さい仔=可愛いを求める日本人のエゴがそうさせてる訳ですしね。

あー、やっぱりまとまらずゴメンなさい(泣)
何が言いたいのか(^^;;
クーたん母さんも小さい時から繁殖犬として頑張ってきたんですね。
今は幸せに穏やかに過ごしていると信じたいですね。

2015/09/18 (Fri) 11:41 | CHIE #- | URL | 編集
No title

こんにちわ。
私は、犬を飼うという事に本当に無知だったなあと
皆さんのワンコの迎え方や
ブログを拝見していて思うのです。
今回のクーたんママさんの記事も
とても勉強になりました。
今のところ予定は全くないけど
もし自分の人生で、チョコラ以外のワンコと
共に暮らす事があった時のために
しっかり、今日のクーたんママさんの記事は
覚えておきますね!
ありがとう(*^^*)

2015/09/18 (Fri) 12:30 | のだちょこ #- | URL | 編集

胸が詰まるようなお話でした。
ただ! うちはそらうみとも女の子で、避妊手術もしてないのに、このまま赤ちゃんを産むこともなく終わるのかなーって、申し訳なく思う気持ちもあるよ。
雪太郎さんも言ってるように、種の保存と繁栄をしてなんぼの部分もあるのかな?

それとほら、1歳って言うと、赤ちゃんと思うけど、もう17歳くらいだからね。立派な大人なわけよね。
ただ数を産ませたり、小さい仔を作るみたいな傾向はやめて欲しいけどね。商売だって言われればそれまで…でも命を商売道具にするのはどうかしらね。

2015/09/18 (Fri) 13:21 | そらうみかーたん #- | URL | 編集
No title

こんにちは。

この問題は難しいですよね。
日本には規制する法律もないし・・・
小さいブリーダーさんなら、当然近親繁殖になるでしょうねぇ~
それで食って行ってる訳ですから・・・(--〆)
クーたんのお母さん、繁殖引退犬を引き取る様な方だから、
大丈夫でしょう、きっと幸せにしてますよ(^O^)/

2015/09/18 (Fri) 14:23 | 龍 #- | URL | 編集

こんばんは。
胸が痛みます。
1歳を迎える前に出産。
わたしは無知のままむぎとくるみを迎えました。皆さんのブログを拝見して少しずつ勉強させて頂いてます。
くるみのお母さんは分かりますが。むぎのお母さんは見たこともありません。
こんなに可愛い仔を産んでくれたお母さんには本当に感謝しています。それと同時にもっともっと大切に育てなきゃ!とも思います。
クーたんママさんのその優しいお心がクーたんのお母さんに届いていますように。
クーたんは今とっても幸せです。
きっとクーたんのお母さんも同じくらい幸せだと思います!!
すみません。わたし訳わかないことばかりいって。

2015/09/18 (Fri) 22:33 | むくまま #- | URL | 編集
こんばんは(^-^)

お久しぶりです(^-^)
くーたんママさん、やさしいですね(^-^)

私も、くーたんちゃんのお母さんのこと考えたら、
涙が出てきました。
いま、しあわせになってるといいな、って、
心からそう思います。

先日、ワンちゃんのストレスを本で読みました。
発情してるのに、交尾できないのは、
かなりのストレスなんですって。

だから、くーたんのお母さんが初ヒートで、
出産したのは、案外自然なのかもしれませんね。

すごく考えさせられる記事をありがとうございました。
(#^.^#)

2015/09/18 (Fri) 23:27 | ねこうさぎ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/19 (Sat) 07:19 | # | | 編集
No title

おはようっ
ブリーダーさんのところにいる女の子はワンコは、
ほとんどはじめてのヒートがくればそうなるよ。
酷い所はケージの中にずっと入れっぱなしで、
ヒートがきたときだけ男の子ワンコを中にいれて・・・。
でも、きっとクーたんのお母さんは、
里親募集までしてくださったくらいだから、
きちんとされていたんだと思うよ・・・(*^_^*)
きっと今は里親さんのもとで、
幸せに暮しているんじゃないかな?
クーたんママンとはご縁がなかったけれど、
きっと今の里親さんとはご縁があって、
幸せに暮しているよっ
そのお母さんの子供のクーたんも幸せ。
皆そんな風に幸せになれるといいねっ

2015/09/19 (Sat) 11:57 | 空天まま #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する